着物の喪服の買取相場ってどれくらい?

着物の喪服を着る方は年々減少していると言われています。着物の喪服はごく近しい身内の方が無くなられた場合に着るものだと誤解している方も多くなっていますが、着物の喪服は正装であり、誰でも利用できるものです。

 

着物の喪服を着る方は減少していますが、着物の喪服は買い取って貰えるものなのでしょうか。

 

 

着物の喪服を買い取って貰うために

着物の喪服は、買い取ってくれる店や業者が少ないと言えます。着物の喪服を着る人が減り、中古の着物の喪服の需要が少ないためです。

 

喪服の反物と比較しても買取を行ってくれる店や業者は少ないと言われています。

 

洋服と同じように着物にもサイズがありますので、正装として利用する着物ですから、サイズが合わない場合は着ることが出来ないために、着物の喪服の中古を求める方数が少ないのでしょう。

 

需要が低いということは、買い取っても売ることが難しいと判断されてしまうので、買取を行っている業者は洋服の買取業者とは比較になりません。

 

ですから、着物の喪服を買い取って貰うためには、着物の喪服を買い取って貰える店や業者を探すところからスタートしなくてはなりません。現在では着物の喪服の買取をインターネット経由で行っている店や業者もありますので、ぜひ利用してみてください。

 

着物の喪服を買い取って貰う場合には、自分自身でも着物の状態をチェックしておくと良いでしょう。

着物の年代やシミの有無、生地の状態などを事前に尋ねられることもあります。

 

 

着物の喪服の買取相場とは

着物の喪服の買取相場は決して高いものではありません。同じようなもので言えば着物の喪服の反物がありますが、仕立て前と後では大きく価格に差が出てしまいます。

 

喪服ということで生地の色は黒ですが、生地の色が黒の場合は生地の質が良く見えると言われています。

 

そのため生地の状態なども大きく影響してきますし、有名な作家の作品である場合はこの次第ではありませんが、およそ1万円前後での買取であると言われています。

 

喪服は需要が低いためにどうしても買取価格も低くなってしまうのです。

そのため状態のあまり良くないものでは、ほとんど値がつかないということもあり得るようです。

 

 

少しでも高く買取を行って貰うために

着物の喪服を少しでも高く購入して貰うためには、着物の状態を良くすることが重要です。

例えば強い折り目が付いたままのものでは、買取相場が大きく下がると言われていますので、生地の折り目には注意してください。

 

生地の折り目などは査定前に自分自身でも注意し状態を良くすることが出来ますので、ちょとしたことのように見えて非常に大切なことです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ