喪服の処分で損をしないためにすべきこと

喪服の質や状態を調べよう

着物に馴染みがない人にとって、着物の価値と言うものは分かりにくいものです。特に着物に馴染みがない人の場合ではとてもいい着物であっても、畳まれた生地を見ただけでは判断することが出来ないものです。

 

喪服の着物というものは真っ黒なものですが、だからこそ生地に良し悪しが出ると言われています。

 

喪服を処分しようと考えている場合、洋服の場合と同じように単に査定に出すのではなく、その質や状態をしっかり自分で確認しておくことが大切です。

 

着物の価値と言うのは素人目には難しい部分もあるので、知らないでいると損をしてしまうこともあるためです。

 

年代や生地の質、シミやシワの有無などを確認しておくと査定を依頼する際にもスムーズになるでしょう。

 

 

事前に折り目やシワを伸ばしておこう

喪服に限らず着物全般に言えることですが、保存の仕方によって着物の生地というものは大きく変化します。洋服と比較しても着物の生地は繊細で、強い折り目がついている場合などは生地が傷んでしまいますし、査定額にも大きく影響を及ぼします。

 

喪服の買取を依頼する場合は、事前に喪服に折り目がないかシワがないのかを確認し、気になる場合は少しでも状態が良くなるように伸ばしておくことが大切です。

 

折り目が強くシワシワの場合では買取不可になることもあります。

 

もちろんただ伸ばすだけで綺麗になるものではありませんが、少しでも状態を良くしておくことが買取依頼を行う上でとても大切なことだと言えます。

 

 

複数の買取業者に査定依頼しよう

着物の喪服の買取依頼は人生で何度も経験するようなものではありませんので、やり方が分からずに査定依頼も1つの業者にしか頼まないケースもありますが、これではよくありません。

 

確かに着物の喪服の買取業者の数は多いものではありませんが、インターネットを利用すると、それでも多くの業者を見つけることが出来ますので、複数社に査定依頼をお願いしましょう。

 

査定は無料で行って貰えることが多いですから、より納得のいく価格で査定額を出してくれた業者に買い取って貰うことが損をしないために重要です。

 

着物の査定額というのは、着物の価値をよくわかっていない人にとって非常に分かりにくいものになっています。そのため本来の価値がどれくらいであるかを知るためには複数業者に依頼するのが一番適切なのです。

 

最低でも3つの業者に依頼するとより適切な価格が分かるようになりますので、損を防ぐことが出来ます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ