家紋入りの喪服の買取価格の相場とは?

喪服は元々通常の着物に比べても買取を行っているお店は少ないです。着物の買取を行っているお店の中でも、喪服の場合は買取不可としているお店もあるくらいです。元々買い取ってくれるお店の少ない喪服ですが、家紋入りの場合は買い取って貰うことが出来るのでしょうか。また、買い取って貰える場合にはその相場はどうなるのでしょうか。

 

 

家紋入りの喪服は売れる?

家紋入りの喪服を買い取って貰うのは、正直難しいです。難しいですが、不可能ではありません。買取店の数は少ないですが、買取を行っているお店はあるようですので、しっかりと買取を行っておるお店を探しましょう。

 

喪服はどうしても買取価格が低くなります。これは需要が低いためですが、家紋入りになると購入する人がさらに限定されるために、どうしても買取を行うお店が減ってしまうのです。

 

 

家紋入りの喪服と家紋なし喪服の相場

家紋入りの喪服と家紋なしの喪服では、家紋なしの方が需要高くなることは先述した通りです。これに合わせて家紋入りの喪服と家紋なしの喪服とでは買取価格に差が生じます。

 

家紋入りの方が需要が少ないので、家紋なしの比較すると買取額が下がってしまうことになります。ただし、最近では家紋入りの喪服自体が少なく、家紋入りの喪服は上質な生地で作られていることもあるため、それを理由に買取額が上がることはあります。

 

買取価格の相場としては一般的な喪服が1万5千円程度なのに対し、家紋入りの場合ですと1万円前後の買取相場になっているようです。

 

着物としての買取価格は喪服の場合どうしても下がってしまうものではありますが、洋服に比べるとその価格は安定したものと言えます。

 

 

家紋入りの喪服をより高く売るためには?

家紋入りの喪服をより高く売るためには、 より多くの査定を受けることが一番です。喪服にも夏用と冬用はあるものの、基本的には季節を問わず買取が行われています。そのため洋服のように時期を選んで売ることによって価格が変動するようなものではありません。

 

それよりもしっかりと着物の専門知識を持った人などに査定して貰うことが重要です。

 

家紋入りの場合は特に、査定額がお店によってばらつきがあることが多いですから、複数買取店で査定をしてもらうといいでしょう。

 

着物の状態と言うのは素人目には分かりにくいものがありますので、自分で判断せずしっかりと複数査定して貰うことがより高く売るためのポイントだと言えます。

 

喪服の場合は、販売時期を選ばないためにより複数の査定依頼をしやすいですよ。

>>家紋入りでも高額で買取して貰う方法はこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ